就職活動の為のQ&A

Q1.
大学生の就職活動はいつ頃から始めるのですか。
A1.
普通の大学では求職の届けを年内に出し、1月頃から企業ガイダンスが始まり、大手企業では4月頃に採用試験、5月には内々定というところもあります。
ただし、病院施設の場合には8月頃から施設説明会が多くなり、それに積極的に参加することから始まります。
本学では学科により4月から実習等が始まり就職活動の準備が十分にできない場合があるため4月前までには就職活動準備(スーツ・髪型・マナーの習得・一般常識・作文等の試験対策)をしておくことが必要です。
Q2.
希望する勤務地の病院・施設の就職先は見つかるでしょうか。
A2.
医療福祉職場の採用試験は一般企業と違い、時期が3ヶ月以上遅くなっており、3月時点で、今年4月採用のための試験を実施しているところもあり、来年のことはまだ未定という病院・施設がほとんどです。
また、就職を希望する病院・施設があるのであれば積極的に連絡をとり早めに訪問してみることも必要です。
就職センターでも学生が希望する病院・施設があれば随時情報を提供することも可能です。
ただし、病院・施設としてはより積極的な人材を求めていますので、自らアクションを起こすように心がけてください。
Q3.
病院・施設が求人する場合の方法はどのようなものがあるのですか。
A3.
現在ではインターネットによる求人が、多くなってきており、一般企業では求人票を送付して人を募集するというところが年々減ってきています。
60%以上の病院・施設でインターネットを併用して求人を行っていることがことがわかりました。
応募の方法もインターネットや就職情報会社のサービスからエントリーする病院・施設も増えています。

ただしエントリーの時点で連絡がなく、不合格ということも多々見うけられます。

Q4.
大学では求人情報をどのような方法で学生に知らせているのですか。
A4.
病院・施設や企業から送られてくる求人票は、ホームページで閲覧が可能です。
自宅や実習中、帰省しているときなどでもパソコンやスマートフォンを利用して求人情報を知ることができます。
また、就職センターでも求人情報の開示を行っています。
新着求人のメール通知サービスも行っていますので、積極的に活用してください。
Q5.
求人は大学にどのくらいありますか。
A5.
2016年度に本学に寄せられた求人件数は年間で約9,100件(求人者数:約22,600人)です。
また、全国のハローワークにも医療福祉の求人、一般企業の求人が数多く寄せられています。
これ以外でもインターネットや人材派遣業者を活用して求人・採用を行っている病院・施設、公募をしない独自の採用方法(実習生から採用)をとっている病院・施設も多数あります。
Q6.
採用試験はどのような準備をすればよいのですか。
A6.
病院・施設では必ず面接試験を実施します。
特に病院・施設では患者や高齢者が対象となるため人間性、思いやり、やさしさ、協調性などを重視しています。
「その病院・施設で働きたいのはなぜか。」その病院・施設でなければならないのかをはっきりいえることが重要です。
また、作文や小論文の試験を実施するところが多くなってきています。
これは文章を見れば人の性格がわかるといわれるように、論理的な思考ができるかが問われています。
近年、活字離れが多く、文書作成での間違いが多くなってきているということのあらわれでもあります。
日頃からメッセージアプリでの連絡だけでなく、原稿用紙での作文の練習を行っておくことも重要です。
Q7.
国家試験に不合格となった場合、内定した病院・施設はどうなるのでしょうか。
A7.
病院・施設の求人票には国家資格取得見込者の受験要件はありますが、国家試験不合格者の対応は特に明記はされていません。
基本的に採用取消となることが多くなっています。
また、正職員の待遇から契約職員や助手といった1年毎の雇用契約に採用条件を変えられるところもありますので、就職内定したからといって採用が決まったということではありません。
国家試験に合格することを目標としてください。
Q8.
一般企業への就職は可能でしょうか。
A8.
現在、医療・福祉の専門分野にこだわらず、地元の一般企業に就職を希望する学生も多くいます。
大学に寄せられる求人には一般企業の求人も多くあります。
また、就職情報会社(リクナビ・毎ナビ等)のサービスにエントリー(登録)し、採用情報を収集することも重要です。
就職情報会社のサービスを通じて、書類選考・採用試験の申込を行う企業も増えています。
そのため、各種サービスへの登録は3年生の6月頃までに完了しておくことが必要です。
Q9.
医療福祉系の公務員採用試験はあるのでしょうか。また対策はどのようにすればよいのでしょうか。
A9.
医療技術系の公務員試験は各県の中級職職員採用試験となります。
採用は毎年実施されるわけではなく不定期に実施されることがあります。
福祉行政職は地方公共団体の上級職職員採用試験(大卒程度)として実施されますが、1次試験の教養試験は難問が多く、ここを突破することが第一のポイントとなります。
また、毎年採用人数が少なく高倍率となっています。
栄養士は上級職の管理栄養士と中級職の学校栄養士などがあります。
公務員試験の準備は早ければ早いほど良いと言われます。
また、いきなり難しい上級の勉強をせずに、まず入門編から順次レベルアップしていったほうが継続できているようです。
先輩達の合格体験談によりどのように勉強して合格したかというものを研究しておくことも必要です。
Q10.
保護者は何を行えばよいのでしょうか。
A10.
病院・施設をご希望の場合には、その地域だけで案内する求人があります。
(あまり受験者が多くなっては困るというところもあります。)
そのため、市民広報誌や地方新聞だけで求人情報を出す場合がありますので、日頃から新聞・市民広報などの情報を学生と共有することが重要です。